はじめての家族信託と相続対策を安心簡単に解説・応相談

2.生命保険の活用 ~評価の金額を引き下げる

ア)生命保険(死亡保険金)には非課税枠があるため、現金を相続するより評価額が軽減されます。

生命保険の非課税金額·····500万円×法定相続人

例)法定相続人 妻、子供2人 現金2,000万円と生命保険金2,000万円の評価額の違い

現金2,000万円と生命保険金2,000万円の評価額では相続人が3人の場合、生命保険方が1500万円DOWNできる

イ)生命保険金の受取人を指定して財産を残すことができます。(生命保険金は受取人固有の財産のため原則遺産分割協議の対象外

現金の場合、遺産分割協議が整わないと財産分与ができない。生命保険金の場合、遺産分割協議が整わなくても保険金は受取人の方に支払われる

お電話でのお問い合わせ TEL 03-3403-8530 平日、土曜日10:00から19:00まで受付

PAGETOP
Copyright © コスモス家族信託一般社団法人 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.